gbvy[W u ミTv vCoV[|V[ utW uth ANZX

入会・受講の申し込みは、各センター窓口で随時、受け付けています。また、電話、Eメールで予約申し込みやお問い合わせ、資料 請求ができますのでご利用下さい。

 ○性別、年齢を問わずどなたでも入会・受講できます。
 ○入会金は3,240円です。65歳以上、中学生以下は1,080円です。その他に、法人契約をしている法人・企業(ある
  いは官公庁)などの社員、職員の方には、入会金割引制度があります。詳しくは窓口でおたずね下さい。また、読売文
  化センターユニオン加盟の文化センターに入会されている方は、入会金なしで受講できます。
 ○入会金はお返しできません。
 ○受講開始時期が決まっている講座もありますが、ほとんどの講座の受講はいつからでも始められます。

 

 ○会員証は、「読売文化センターユニオン」加盟の全国の読売系列文化センター共通です。
 ○受講証は、その講座を受講する資格のあることを証明するものです。受講時には必ず持参し、教室入口の受講証差し
  に入れて入室してください。当日お忘れの場合は受講前に必ず受付にご連絡ください。
 ○会員証・受講証は他人に貸したり、譲渡することはできません。
  万一紛失した場合は、すみやかに受付にて再発行の手続きをしてください。(再発行手数料は、会員証210円、受講
  証100円)
 ○会員資格は、受講継続中は有効ですが、13か月以上受講されなかったり、休講を続けた場合、自然退会となります
  のでご注意下さい。再入会には、入会金の半額が必要となります。

 ○受講料は3か月前納制です。
 ○いったん納入された受講料・維持費などの払い戻しはできません。
 ○入会金、受講料、維持費、教材費、水屋料などは、消費税を含む金額です。
 【受講料納入方法】 
 ○受講料の納入月は1・4・7・10月です。
   仝酋癲ΑΑη柴月の1回目の講座までに文化センター受付でお支払いください
   口座引き落し・・・納入月の26日にお届けの口座から自動引き落としします。申し込みの際に、銀行・郵便局など
    の口座番号、届出印が必要です。
 ○受講料のほかに教材費(テキスト代、コピー代や華道の花代・茶道の水屋料など)の必要な講座があります。これらは
  そのつど現金で納入してください。
 
【退会や休講の場合】
 ○退会の場合
  病気や転勤など、やむを得ない事情で講座を取りやめる場合は、前月末までに事務局にて手続きを行ってください。
  手続きがなされないままですと、在籍者として受講料などを引き続きいただくことになりますのでご注意ください。お支
  払い済みの受講料などの返金には手数料520円が必要となります。
 ○休講の場合
  病気や出張など、やむを得ない事情で講座をお休みする場合は、1か月単位であれば(最長3か月まで)お休みが可能
  です。前月末までに事務局にお届けください。受講料など翌月以降に充当することができます。お届けがない場合は、
  そのままお支払いいただくことになりますのでご注意ください。
 ○退会や休講の手続き
  退会・休講届けは、講師への伝言等で受理することができませんので、ご注意ください。受付まで来られない場合、電
  話やメール、手紙などでの手続きも可能ですが、ご本人であることの確認が必要になります。
 ○コース講座の退会・休講
  コース講座は、いかなる事情であっても、途中での退会・休講による返金はできません。
 
【受講料の特典】
 ○複数受講の場合
  講座を複数受講される場合、2講座目から受講の申し込みの時に受講料補助券を差し上げます。
 ○入会者のご紹介
  新しく受講する方をご紹介いただいた方には、受講料補助券を差し上げます。(ご紹介で入会される方の入会金割引が
  あります)
 【受講日】
 ○受講日は講座によって回数が変わります。
 ○3・6・12か月コースなど期間限定講座以外は、継続受講が原則です。
 ○講師・文化センターの都合により休講した場合には補講日を設けます。ただし、交通機関のストライキや台風・地震な
  どの天災の際には、原則として、補講ができません。この場合でも受講料の割り引きなどはいたしません。

 
 
 ○ほとんどの講座は体験レッスンや講座見学ができますが、一部受け付けていない講座もありますので、事前に各セン
  ターにご予約ください。

 ○講師や他の受講生などに迷惑をかけたり、センター内の雰囲気を著しく損なう行為があった場合は受講をお断りするこ
  とがあります。
 ○教室内での録音や撮影はお断りします。
 ○体調が悪い時の健康・スポーツ関連講座への参加は、事前に講師にご相談ください。受講中に本人の不注意などに
  より事故が  発生した場合、文化センターでは責任を負いかねます。
 ○受講中、貴重品は各自で保管してください。
 ○作品や道具類など私物は、毎回必ずお持ち帰りください。絵画のキャンパス類もその月に制作中のもののみ教室の所
  定位置に各自で保管してください。年末には遺留品を処分することがあります。
 ○教室内は禁煙です。
 ○火気を使用する講座では防災上、安全に十分留意してください。
 ○施設内の非常口、避難経路などは事前にご確認ください。
 ○万一火災などが発生した時は、係員の指示に従って行動してください。
 ○講師・受講生の住所、電話番号などはプライバシー保護のため、お教えできません。
 ○教室内で、講座目的以外の物品販売や勧誘、金品の授受は固くお断りします。
 ○講師・事務局への謝礼(お中元、お歳暮など)は必要ありません。